壮年性脱毛症 女性

壮年性脱毛症について 女性版

女性の壮年性脱毛症対策

読了までの目安時間:約 3分

女性の壮年性脱毛症も男性型脱毛症が要因で、その治療法は薬品を使用するしかありません。

男性の場合、プロペシアと言う薬品やミノキシジルと言う薬品を服用するのですが、女性の場合は服用までの必要はないでしょう。

女性の場合は、ミノキシジル配合の育毛剤、特に塗布薬を使用する事をおススメします。

塗布薬のミノキシジルの場合、日本製品ではリアップレディしかありません。

育毛剤にミノキシジルを配合する特許をリアップのみが有するので、国内産ではこの1品のみです。

ミノキシジルは元々高血圧の薬品で、普通に医院で処方される薬です。

効能は基本的に血管を拡張し、血液の流れを良くすることで、血管の圧迫をなくし血圧を下げる効果があるのです。

そもそも発毛に効果があると発見されたのは偶然の副産物で、発毛用に開発されたものではありません。

この薬を使用していると、当然全身の血流が良くなり、頭皮や頭髪にも血液が充分に行き渡り発毛に効果を発揮したのです。

その効能の発見自体は全くの偶然でしたが、現在では発毛に対しての薬品としても普通に処方されるモノです。

国内産以外であれば、特許製品では無いので様々な商品が存在します。

個人輸入代理店などを利用すれば手に入れる事は現在ではそれほど難しいことではありません。

とは言え、どの発毛剤もミノキシジルの配合率は最高でも5%で、国内産のリアップレディも変わりはありません。

ミノキシジルは当然の事ですが副作用の可能性があります。

その意味では、国内産を正規の購入方法で買うのがベストかと思います。

ミノキシジルの副作用としては、めまいや立ち眩み、吹き出物や出来モノ、男性の場合は男性機能低下、勃起不全などがあります。

しかし、副作用はそこまで気にする必要はありません。

薬には基本的に副作用がないものはありません。

ですが、薬というものは効き目も、副作用も個々人との相性というものが重要なのです。

臨床データを見ても副作用が出る確率は10%以下と低く、また副作用が出た場合は直ぐに使用を控えればさして重篤な状態になるということはありません。

ただ、効き目も個々人との相性がありますので、使用したからと言って100%の効果が出るとは限りません。

また、ミノキシジルの効果は使用を停止すると無くなりますので、継続して使用する必要性がある事は念頭に入れておきましょう。

費用的な問題がある場合は、使い続ける事は困難になりますので、効果があっても使用を停止した時点で元に戻ります。

 

女性の壮年性脱毛症は何故なるのか?

読了までの目安時間:約 3分

男性だけでは無く女性にとっても薄毛抜毛の悩みは重大な問題です。

特に壮年性脱毛症は意外と良く見受けられ、頭頂部付近が特に薄くなりますので、気になる事この上ない薄毛です。

この壮年性脱毛症とは一体どのようなもので、何故起きるのでしょうか。

壮年性脱毛症で考えられる原因は、遺伝、男性ホルモンの分泌異常、生活習慣病です。

20歳代から40歳代までの薄毛抜毛の場合は、壮年性脱毛症を疑う必要があります。

50歳代以上の場合は加齢による自然な薄毛と言え、全体的に髪の毛が細く弱くなり薄くなっていくので壮年脱毛症を疑う必要はありません。

壮年性脱毛症の第一の理由である遺伝は、父母のどちらかがそうである場合、高い可能性で子供もなるものです。

遺伝で何故そうなるのかのメカニズムは完全には解明されていませんが、統計的に見ると間違いなく遺伝的要素は無関係とは言えないのです。

次に男性ホルモンの分泌異常が挙げられます。

女性に男性ホルモンは関係ないと思われがちですが、ホルモンは性別に関係なく双方のホルモンを併せ持っています。

それが正常値であれば問題ありませんが、ホルモンバランスはちょっとしたことで崩れていきます。

男性ホルモンが過多になる場合、男性型脱毛症の様相も呈してくるので、これから起きる薄毛や抜毛は自然治癒する事はありません。

男性型脱毛症と言っても、男性と女性では薄毛に差があります。

男性の場合、頭頂部や前頭部が著しく禿げますが、女性の場合はうっすら薄くなってくる程度です。

しかし、進行すればやがて完全に抜け落ちてきます。

後は、生活習慣病やヘアケアによって成り得ます。

多くの人の理解が及んでいませんが、頭皮や頭髪も身体の一部であり、身体が不健康である場合、当然身体の一部である髪の毛にも大きな影響を与えます。

ヘアケアについても勘違いされている人が多く、ひたすら洗髪すれば良い、皮脂を落とせば良い、マッサージブラシで力任せに血行を促進すれば良いと思っている人が少なくないのです。

皮脂等は頭皮を守る役目もある程度果たすので、100%落とす必要はありません。

要は洗い過ぎも良くないと言う事です。

また、女性の場合はカラーリングやパーマなど、オシャレにも気を遣う訳ですが、脱毛症においては最も悪い事だと言えます。

これは飽くまで選択肢の問題です。

禿げていてもオシャレをするのか、オシャレよりも髪の毛を大事にして禿げない様にするのか、自分自身にとってどちらが大事かなのです。

 

 

最近の投稿
カテゴリー
メタ情報